ハセガワ 1/72 リガードをつくる。


本当は今日ぱち組レビューするつもりだったのですが時間を作れず先ほど開封するのが精一杯でした笑

作る気まんまんなのですが、ここ最近はプラモの時間をなかなか作れなくなってきてしまいました。


結構パーツは細かく分割されており、整形色もカラフルです。


ぱち組でも相当なクオリティで組み上がるんじゃないでしょうかね、今からとても楽しみです。


クリアーパーツ化されるべき箇所は全てクリア成型されています。


なんと台座まで付属する豪華仕様。
ハセガワおなじみのスタンドランナーで当ブログでは 1/72 オスプレイや 1/72 F-35A でも使用しました。有機的な形状がリガードに似合います。


付属の水転写デカールは同社の飛行機モデル同様裸で入っていたのでチャック付きビニール袋に入れて極力空気にふれないようにしておきます。

プラモの箱に裸の水転写デカールをぶっ込むのがハセガワのポリシーなのだろうと永年諦めていたのですが、カーモデルだけは常に包装されているんですよね(笑)この辺の扱いの差ってなんなんでしょうかねwww

ですから取り敢えず現物を押さえておこうという感じで購入し暫く積むという方は水転写デカールをチャック付きビニール袋を用いて保管しておくと安心出来ると思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください