HGUC GUNDAM SIDE-F限定 ジェガン(ユウ・カジマ専用機)をつくる。


随分と変わった配色のジェガンがGUNDAM SIDE-Fで手に入る、という話を聞きつけ、仕事帰りにららぽーと福岡4階に立ち寄ってみました。


ららぽーと福岡自体はしょっちゅう食品を買いに通っているのですが、四階のGUNDAM SIDE-Fには久しぶりにきました。先月 HGUC ナイチンゲールを購入して以来です。


ちょうどジェガンの映像が流れていました。カッコ良い…


やっぱりジェガンはこの配色だよな!
な!
な!wwwwwwwwwwwwww


で、噂の新しいジェガンの配色がこれ。

なんなんだこれはwww

噂通り結構トンチキな配色となっております。
ただですね、あくまで私の邪推ですがこの配色は営業的製造サイド的にはかなり意味のある配色だったのではないかと思います。

と言うのも、このキット中身がすごいことになっておりまして、なんと青い整形色のパーツが収録されたランナーは実質オマケのようなもので通常のジェガン色で整形されたB、Cランナーが入っていますので通常のジェガンとして組む事も出来ます(多分)。

近く仮組みした際にこのあたりがどうなっているか自分の目で確認してから再度投稿しますがランナーをみた感じイケそうですよ。つまりGUNDAM SIDE-Fでこのジェガンを買えば通常の HGUC ジェガンが手に入るということです。

これはぱち組み派の方にとっては特に大きな魅力となるのではないでしょうか。

プラモ製造の段取りを私はわかっていないのであくまで素人考えとなりますが、この限定アイテムは恐らくかなり戦略性の高いものです。

青い追加ランナーを専用のミフタバコに入れればGUNDAM SIDE-F限定品として出荷出来ますが、通常のジェガンのパーツも一通り入っています。

だから通常の HGUC ジェガンと再販タイミングを合わせられるならGUNDAM SIDE-F版と通常ジェガンを同時に製造して比較的少ない手数で出荷出来る、という戦略的アイテムなのではないでしょうか。

あくまで私の予想ですがガンプラが売れまくって供給が間に合わない程の状況に至っている現在、なんとかして定番アイテムを安定供給させたい、そしてご当地限定アイテムの鮮度を保ちながら拡充もしっかり両立させたい、という戦略的商品展開の一環なのかもしれません。まぁ私の推察の域を出ない話でありますが。


最初見た時衝撃的な配色だなとたまげたものですが何度も見てたら結構慣れてきました。これはいけない笑

価格も安いしネタ的にも話に出来るし、この見た目のおかげか?大量に陳列されておりましたし(笑)しかも私が来店した際は店内ガラガラでちょっと心配になりましたね。三連休中は繁盛していたのかも知れませんがまた来週あたり様子見してまだあったらもうひとつくらい摘んでみようかしらとも思っています。

今月はディランザと言いこの青ジェガンと良い面白くて安価なキットが色々登場して個人的には盛り上がってしまいます。このクラスのガンプラが店頭で色々気軽に選べると楽しいんですけどね〜またあの頃のような状況になると良いのですが。

ちなみにユウ・カジマという人物について私は何も知りませんが、今回私的には何か読者ウケをある程度狙った仕上がりを目指したいとは思います。

例えば「本当はこういう青いジェガンが欲しかったのでは???」的なものが作れたりしたら良いでしょうね。

あと私は現在このジェガンの他にアクシズショックバージョンを二つ持っておりまして、いわゆるみんな大好き普通のジェガン、(みんなが欲しかったのであろう)青いジェガン、そしてマンハンタージェガン(!!!)をそれぞれ作ってみたいと考えております。

マンハンターはもう少し後になりそうですけれど月内に二体ほど完成させてみたいとは思います。という事でご期待ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください