HGIBO ジークルーネをつくる。


塗装待ち状態のまま待機していたジークルーネちゃんをつくっていきます。

気づけばもう三ヶ月も放置していた形となります。とにかく厄介な仕事が始まった時期とぴたりと一致しており何もかも身動き取れなくなっておったのです。今もその厄介な仕事は全く終わっていないのですがもう強制的にでもプラモの時間つくらないと何もかも完成しなくなるなと思い最近無理やり手を動かすようにしています。

先日他のキットの塗装をするついでにフレームの塗装は終わりました。


フレームはメカサフウルトラヘヴィを使用しました。

ところでヴァルキュリアフレームは脹脛と前腕にパイプ状のディテールがあり、やはりここは何とか色分け表現したいものだな、と思うのです。


脹脛の方はキットの造形部分をカットしてビニル皮膜動線等に置換する事も比較的容易なのかなとは思うのですが、


前腕側のパイプディテールはフレームと一体化されたような造形であるためパイプ部分の置換は難易度高いのです。

脹脛と前腕で別の手法を用いても仕上がりがチグハグになるのは目に見えていますから、それだったら筆を使って部分塗装しようと思い至りました。


で先日買ってきたんですよ。シタデル。

我が模型人生二度目のシタデル購入は「PRAXETY WHITE」。

今回私の期待している用途に向いている塗料なのかどうかも不勉強ゆえわからず買ってきました。店頭で唯一あった白系シタデルがこれだったのです。


こうやって手持ちの赤と並べると、色名の上に「AIR」とか「DRY」とか書いてあるんですよね。

私が買うべきだったのは「AIR」の白だったのではないのか????と今更不安になるのです(笑)

「AIR」はサラサラしていて伸びが良いのですが、今回使った「DRY」はやや半個体状の塗料で漆喰のようにモリモリと盛り付けていくような感触の塗料でした。


現に塗面はボコボコに!
いやあ失敗しましたねwww

あとこの手の塗料ってシンナー風呂で塗装落とせるんですかね?笑水性塗料本当に苦手なんですよね、来年以降の課題としたいと思います。

自分の場合マスキング頑張って全部ラッカー系で塗装した方が綺麗に仕上がりそうです。

この塗料はガンプラを綺麗めいに仕上げたい時に使うよりもより絵画的手法を駆使したいヴィネットやジオラマ製作時に絶大な威力を発揮しそうです。という事で今回は以上です。

6 thoughts to “HGIBO ジークルーネをつくる。”

  1. 先日はネオジムの関係、ありがとうございました。
    ジークルーネは今作ってるものが片付いたら始めようと思っていたので、作る際は参考にさせて頂きます!
    シタデルカラー意外と難しいですよね、私もアクセントに入れたい金属色がボコボコになってしまって悲しくなります…
    今後の記事も楽しみにしてます、がんばってください!

    1. 有難う御座います!!

      シタデルに関する貴重な情報有難う御座います!

      私としても水性塗料へのシフトを少しずつでもやっていきたいと思っていたのでこれからも気軽にご質問やご指導いただけると幸いです。

      今後とも何卒宜しくお願い申し上げます!

  2. はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいています。
    シタデルカラーは使ったことが無いのでうまくいくかどうかわかりませんが、
    クレオス水性ホビーカラーやタミヤアクリルであれば、マジックリンで落とせるので
    水性塗料のシタデルカラーも落とせるかもしれませんね。

    マジックリンであれば、下地のラッカー塗膜やプラ本体を痛めることもないので、
    一度試してみてはいかがでしょうか。

    1. 貴重な情報有難う御座います!!

      クレオスホビーカラーとタミヤアクリルとマジックリンの情報助かります!

      水性塗料はどこかのタイミングで本格的に移行したいと考えておりますので色々実験してみたいと思います!

      今後ともご高覧の程何卒宜しくお願い申し上げます。

  3. いつも参考にさせていただいてます。「DRY」表記のシタデルカラーはドライブラシ用だったと思います。また、「AIR」はエアブラシ用。ちなみに通常の筆塗り用は「BASE」「LAYER」、シェード用の「SHADE」等。どこかのサイトで見ました。

    1. そういうことだったのですか大変勉強になりました!!

      確かに私が先般購入した白いシタデルはドライブラシでエッジを強調するような表現に使えそうな感触でした。

      近くスケモ等でトライしてみたいと思います!

      今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください