HGUC 量産型ズゴックをつくる。


塗装のやり直しもだいぶ終わりました。本日二件目の投稿となります。


ちょっと塗り分けが煩くなったかとは思いますが、塗装に手数欠けた分、情報量が増して水転写デカールの量は減らせるのかも知れません。


個人的には塗り分け張り切り過ぎたように思いますが色使い自体は気に入っております。


蛇腹は一部瞬着で固定。
全部固定するとロール可動が死ぬので(笑)そこだけランナー袋を細かく切ったものをBJ部分に仕込みました。


野心的な可動ギミックだとは思いますが、キットのままだと自重に耐えきれずすぐプラプラしてしまいますので対策が必須です。


これでいよいよ水転写デカール貼りに入れると思いきやまた塗装剥げエリアを発見しました。


かなり目立ちますんでここもシンナー風呂に浸けて一からやり直しです。

それが終わればいよいよ水転写デカール貼りとなりまして、乾燥に入るタイミングで先日ガンダムベース福岡で入手した HGUC ジム寒冷地仕様の製作を開始したいと思います。

ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください