バンダイ 1/144 旧キット
コアブースターをつくる。


コアブースターにビルダーズパーツHD「MSエフェクト01」を着脱出来るように加工していきます。


まずはノズルの類全て5ミリ丸穴を開口します。
いきなり5ミリドリルの刃を入れるとパーツが破損する恐れがありますので1ミリ〜3ミリ〜3.5ミリ〜4ミリというふうに徐々にドリルの番手を上げて慎重に開口していきます。


受け側も開口。
中心部の4連バーニアは3ミリ丸穴、左右それぞれ一気ずつある大型バーニアは5ミリにしておきました。


前方左右にあるドーム状のパーツを取り付けるピンをカットし3ミリ丸穴を開口。


こんな感じで任意の長さにカットしたABSパイプを用意します。

外径5ミリ、内径3ミリのものを使用し、片側にはタミヤの曲がるソフトプラ棒3ミリを挿入し瞬着でしっかり接着しておきます。


そして本体後部から差し込みます。


前方に曲がるソフトプラ棒が生える形になります。


そして後部に飛び出たABSパイプに大型バーニアを取り付け。


前方にはドーム状のパーツを取り付け。
エフェクトパーツの着脱ギミックを実装するための工作ではありますが、この工程によって前後パーツをがっちり固定出来ますので完成後エフェクトパーツ着脱時に力が加わってあちこち部品が脱落するリスクを低減する効果も得られました。


四連バーニア取り付け基部に5ミリ丸穴を開口。


こんな調子でカットしたABSパイプにそれぞれ曲がるソフトプラ棒3ミリを挿し込み瞬着でしっかり固定しておきます。


これによってバーニア取り付け基部を強化しつつバーニアにエフェクトパーツを取り付ける事が出来る3ミリ丸穴ジョイントを設ける事が出来るというわけです。


おまけに接続部分はABS製なので摩耗にも強いです。


大型バーニアに仕込んだABSパイプも適切な長さにカットして整えました。


当ブログで度々登場するABSパイプはハンズマンやスーバービバホーム等のホームセンター等で購入出来ます。今回はロイヤルホームセンターという店で購入しました。安くて丈夫で使い勝手が良いので模型製作で大変重宝しております。

ちなみに切断はウェーブ社のパイプカッターで問題なくカット出来ます。


ちょっと着けてみましたがかなり良い感じです。


四連バーニアに取り付けたエフェクトパーツには更に尖端部分の造形パーツがありますので塗装後様子を見ながらこれも取り付けるかどうか決めたいと思います。このパーツは事実上接着式です。


色が着けば更に迫力のあるディスプレイが出来るのではないでしょうか。今から完成が楽しみです。


という事で今回は以上です。
実際の工程としては既に塗装に入っておりますので今週中に完成報告出来ると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください