旧キット 1/550 グラブロをつくる。


今週はグラブロを完成させたいと思います。


まず爪ですかね、キットのままだとイモ付けなので完成後ポキポキ取れるリスクが高いです。

こういう時は面倒でも真鍮線などでひとつひとつ軸打ちしてやる事で強度を確保します。


無事取り付ける事が出来ました。


腕部はアフターマーケットの関節パーツを使って可動化させたいので3ミリ穴を設けました。

ただ開口するだけでは構造的にスポスポ取れそうだったので断面に1ミリプラ板を貼り付けました。


その際、周辺を複数箇所軸打ちしておく事で強度を確保出来ます。完成後プラ板が剥がれたら目も当てられませんから。


こんな感じで整形。


まだまだ大雑把な状態ですのでここから先は捨てサフを吹いて継ぎ目や傷を処理していきます。


あとクローユニットを取り付ける前腕???に相当するパーツとの接合部分を後ハメ加工しておきました。突起していたピンをカットするだけで後ハメ加工出来ます。


これで後ハメ完了です。
塗装後接着して完全に固定する予定です。


あと紛失していたアンテナですが、余剰となるクローを使って再生する事にしました。


使わないクローを任意の長さでカットして取り付け。

現在ピットマルチで仮留めしていますが、最終的にはこちらも0.5ミリ真鍮線で軸打ちして瞬着でガッツリ固定します。


今回の作業を終えて組めるところまで仮組みしてみました。


プロポーションは完璧なんじゃないですかね。かなり精悍です。


「非人型のベストメカコレクションにハズレ無し」の法則は今回も健在でフォルム面で不満は全くありません。

但しこのグラブロはモールドが薄いんですよね。
今まで作ってきた他のベストメカコレクションに比べてかなり朦朧としたパネルラインなので彫り直すのは結構大変です。


今回私は腕部の付け根とモノアイを可動化させます。


という事で今回は以上です。
今週はこれと ザウバー C9 の完成を目指したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください