RE/100 ヤクト・ドーガをつくる。


キット付属の手甲パーツを複製しエモーションマニピュレーターにフィットするよう形状を変更していたレジンパーツですが、気泡がまだまだ多くてちょっとこのまま使うわけにはいかないレベルなんで補修しておこうと思います。

写真の通り当初はプライマー、サーフェイサー吹いて塗装したら結構誤魔化せるんじゃないかと思っていたのですが(苦笑)このレベルでは流石に私も看過出来んなと。


前回の製作記で書いた通り、サフの上に自作ジェガンブルーを吹いて、


マスクします。


こんな調子でマスクしていきます。


でクレオス392番。


乾燥後マスクを剥がしてみたのですが、


色味が近すぎて塗り分けしたことさえパッと気づかない…


なので、当初こんな調子で塗り分けるつもりだったのですが、


一旦マスクを剥がして392でベタ塗り後改めてマスクしてクレオス311や315あたりでアクセントになりそうな場所見つけて塗り分けしてみましょうかね。二度手間ですが仕方ない。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください