タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


随分長い事やっておりますが ザウバー C9 も年内に完成させたいものです。


別パーツ化されていたフロントの板をボディに接着し一体化を試みます。


ラッカーパテやら溶きパテやらで隙間を埋めたのですが、


それでもサフ吹き後、結構な量の隙間が出て難儀したというのが前回の作業でして、もう溶きパテも入らんなというレベルの小さな気泡が多発してどうしたものかとあれこれ考えた末、タミヤセメントを刷毛で塗りたくって表面を溶かしてみたのです。

肝心のその写真を撮り忘れてしまいましたが原理的にはこれで隙間は埋まる筈なのです。その後やすりがけして整形したのがこの写真という事になります。


先ほどサフ吹きしてみました。
さんざんやすりがけして面が粗い状態になっていますのでクレオスの1000番を使いました。


実はそれでもまだ細かい気泡や接合線が見えていたのですが、これ以上塗装を剥がして再度整形という手順を繰り返すのは精神的に持たんなと思いダメもとでサフを執拗に何度も吹き重ねたらなんと隙間が消えた?ようです。


EXブラックを吹き付け。


埃が大量に付着してしまいましたがもう疲れました(笑)


そうそう、霧吹きでしたね。
アレを予め塗装ブースや部屋の中に吹いて埃を落としておくのを忘れていました。


黒塗装に付いた埃は頑張って取り除き、その上に乗るEXシルバーを吹く際はしっかり埃を霧吹きで床に沈めておこうと思います。

あとカウル後部の発色とズレないようにすること、それもしっかり留意して手を動かしていきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください