タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


久しぶりに ザウバー C9 の製作に取り組みます。
今回の投稿でなんと30件目となり、当ブログ屈指のロングラン製作となっております。

作り易いキットなのですがね(苦笑)如何せん私の不手際が多発し過ぎてとんでもない長丁場となっております。製作開始は昨年の10月2日ですから良い加減そろそろ完成させなければと思います。


昨晩告知したグラブロの完成報告ですが、念のため水転写デカールを一晩しっかり乾かしておこうと判断しました。今日報告するのと明日報告する事で何か大勢に影響することもありませんので大事を取ることにしました。


パーツ請求で取り寄せた水転写デカール。
カルトグラフ製です。
リアウイングに貼るものを以前破いてしまったのです。


貼りました。
気泡が出来ることなく、位置がズレる事もなく良い感じにポジショニングしました。


しかし時間が経つと微細な空気の存在が閉じ込められている事が明らかに。。。


現在の私の技量で駆逐出来るところまでシルバリングを除去しました。


完璧ではないのですが、やれることは全てやりました。


久しぶりにシャシーを引っ張り出して手落ちがないか確認してみました。


ここにきてまた致命的なミスが発覚したのですが、


赤線で囲った部分はどうやら黒で塗るべきだったようです。

写真ではわかりにくいですが、なんと合わせ目消し忘れておりセメント熔着の跡がかなり豪快に残っています。


最悪なことにここは完成後カウルをかぶせて露出するという(笑)まじかよ…www


どうすんだこれ…


完成後見える箇所なのでさすがにそのまま、というわけにもいきませんが、もうシャシーにガッツリ組み込んでしまっているので分解も出来ないという状況です。まだまだ苦難が続きそうですがなんとかして完成させたいと思います。ということで今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください