HGUC バーザム(A.O.Z RE-BOOT版)をつくる。


Ex-S 同様A.O.Z RE-BOOT版バーザムもなかなかてこずってしまっております。キット自体の完成度はかなり高いのですが私の技量が追いついていない感じです。


スプリンター迷彩を行いたいパーツにまずは明るめのブルーを吹き付け。


Ex-S 同様スプリンター迷彩マスクを貼っていこうと思います。


こんな感じでペタペタ貼っていきます。


なかなかに楽しい作業で Ex-S と合わせてこんな感じで結構使いました。


かなり使い込みましたが、まだSサイズとMサイズそれぞれ一枚ずつ入っていますのでかなりの量楽しめます。HIQパーツ社スプリンター迷彩マスキングシールという商品です。


持ち手を装着。
今月は図らずもガンプラばかり作ってきたのですが、ガンプラはパーツが多いので塗装に手数がどうしてもかかってしまいます。

Ex-S もバーザムもパーツ数も色分けも多いですから持ち手に付けるだけでかなりの時間を費やしてしまいました。


こんな調子で濃いブルーを吹き付け。


剥がしてみました。
綺麗に塗り分け出来ましたが、コントラストが強過ぎましたね。なんというか頑張り過ぎで色味がとっ散らかってまとまりに欠ける印象を抱いてしまいます。このカラースキームは完全に失敗だったかも知れません。


HGUC とは思えない途方も無いパーツ数。

バーザムのような複雑な形状のMSの可動と色分けを実現しようとしたらどうしてもこうなると思います。半分RGのような構造にせざるを得ないのです。


ここまで来るのにかなりの時間を要しました。


組んでみました。


私の行ったスプリンター迷彩ですが、色の差が急激過ぎるせいでダズル迷彩的な効果をもたらしてしまい、形状が把握し難いです。これは完全に失敗だったと思います。

幻惑迷彩としての機能を果たしているのでしょうがこれ模型ですからね。模型的なカッコ良さを殺してしまっては元も子もないので何らかの方法でリカバリーしたい所です。


色もとっ散らかって目が痛い。


ガッツリ組み立ててしまった箇所もありますが、スプリンター迷彩で塗ったパーツは一旦腹して濃い目のブルー一色で塗り直そうと思います。


あと今回色が濃いので背景は黒じゃない方が完成時は見易いでしょうね。


ビームサーベルは刃の部分をMSエフェクト01に置換しました。


刃はクリアーオレンジで塗装しロボット魂「Ka Signature」版のビームサーベルを意識してみました。

バイアラン・カスタムの時と同様にロボット魂版が出た後HGUC 一般販売でバーザムがキット化されるに違いないと信じていましたので発売後当ブログでは HGUC バーザムは4体製作しました。

そしてプレバン専売でこのA.O.Z RE-BOOT版がプラモ化までプラモ化され私はとても嬉しいです。


かなり気に入っている機体なのでここで妥協せず塗装をやり直して何とか自分の納得出来る仕上がりまで持っていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください