HGUC No.180 1/144 ズサをつくる。


ズサちゃんですが、キット付属の手首は使わずエモーションマニピュレーターに置換しましたのが運の尽きみたいな事になりましてね、手甲パーツ自作が私の技量ではかなりハードル高く難航しております。


白いプラ板でおおよその形を出した上にウェーブの目盛り付きプラ板を貼り厚みを持たせつつ補強しました。


この手の作業を行うときはこれが無いと私は何も出来ないという事がよくわかりました笑

セリアで売っているもので、数年前に5〜6枚注文させてもらって温存しておった次第です。


あとこれですね。
これも持ってるか否かで大きく明暗がわかれます。


とりあえずズサの腕に取り付けてみました。
バランス的には良いんじゃ無いでしょうか。
ただね、現状では手甲はプラ板のっぺらぼうなんでなんとかせねばとは思います。複雑な形状を出すのは私の技量的にかなり困難なのでせめてスジ彫りくらいいれましょうかね。


あと「袖」どうしようかなとも思います。
ズサの場合 KPS 製且つ合わせ目が出るという少し厄介な仕様なので袖部分をプラ板で囲んでエングレービング自体を無かった事にすることも目論んでいますwww

もうこのキットも開封してからだいぶ日が経ってますかならね、まだまだやりたい作業が詰まっているのに手首だけで相当な時間を投入してしまいました。どうにかしてここから追い上げていきたいと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください