タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


買う買うと言いながら一度も店頭で見ることなく初版が売り切れたタミヤのザウバーC9を作っていきます。有難い事に再生産分が店頭に並び始めました。こんなカッコ良い箱絵だったのかと感無量です。箱さえ見る事がなかったので。完成の暁には当ブログ初のシルバーアローとなりそうです。


当ブログ初のグループC、所謂Cカーとなります。
定価四千円近く、私の稼ぎではおいそれとは買えんなと思っていたらなんと3,270円でヨドバシが最近値付けしましていたので1,000円分ポイント入れて2270円で購入。

先日作った F-35B もそうですが、ヨドバシは時折タミヤの売れ線主力アイテムを謎の特価販売する事があります。で油断していると金額が戻ってしまったりしますのでタイミングが合った時に買っておくと良いかと思います。

私は今年からプラモは予約販売オンリーの商品以外は必ず現金で買うようにしています。クレジットカードは水道光熱費と通信費とAdobeやAmazonのサブスクにしか使わなくしました。そうする事で毎月の支払い金額が安定し計算し易くなります。

プラモや食品や衣類や外食等々、そういったものは必ず現金で買います。私の場合「ポイントがたまる」からカード払いするんだ、は支出が増えがちでした。そしてヨドバシで買い物すれば現金払いでもポイントがしっかり10%も付きます。

月のプラモ予算に低めの限度額と支払い方法を限定する所謂縛りプレーを導入する事で支出も減るし、プラモひとつにかけるエネルギーは増えるしで良い傾向だと個人的には考えています。

もうプラモを積む場所がないというのもありますが、以前よりも真剣に「今月どのプラモを買うか」「今月何を必ず完成させるか」について考えるようになりましたね。


本キット、新製品という事になってはいますが、大元のキットは1990年製、そこにCARTOGRAFのデカールとエッチングパーツ等金属部品、そしてシートベルトが付属するという豪華セットで生まれ変わりました。

そして箱絵ですね、これも非常に美しいものに刷新されました。時代に媚びず、かと言って全然古臭くない、額に入れて飾りたいほど見事なアートワークです。


ロータスヨーロッパやイェーガーマイスター同様、再販時にディテールアップパーツを同梱して数十年 or 十数年ぶりに再販するというがタミヤ的に流行ってるんですかね。

しかもある程度定期的に再販してくれるので発売直後買い逃しても半年〜一年くらいのある程度長いスパンで陳列棚に復活するため、私のような貧乏人でも金の工面が付いた時にタイミングが合えば買えます。


我がメルセデスは自社IPをタミヤ社に対してアンダーライセンスしたのだぞ、とかいうホログラムシールが貼ってありました。下段にはミシュラングループによる使用許諾。

話は変わりますが、今朝マックグリドルを買いに近所のマクドナルドにとぼとぼ歩いて行った際、何やらガンダムベースの前に人が並んでおりました。7時台か8時台の時点で20人前後いましたかね、で10時ごろヨドバシカメラに向かうついでにキャナルが見えるところまでちょっと大回りしてみたらとんでもない人数がガンダムベースの前に行列を作っていてたまげました。

正直私はプラモブログを運営して来年で十年になりますがはっきり言って情弱ですので、皆様がどうやってガンプラの入荷情報を仕入れているのか皆目検討もつきません。一応BANDAI SPIRITSが毎月公開している再販リストは見てはいますが、今日ガンダムベースに並ぶに値する情報はどうやって入手されているのだろうと思うのです。

ヨドバシの予約開始のタイミングも全くわからず、今年はアルセーヌガンダム?500円くらいのガンプラをひとつだけ予約出来たのみです(苦笑)本当はグレモリー?や再販ゾゴック、ジュアッグ、ズサ等が欲しかったのですがね。あとドーベン・ウルフがまた作りたいのですがね。

アルセーヌガンダムは今年の4月に予約しまして今月か来月頃リリースですかね?それ以外は本当に奇跡的なタイミングで店頭に行かない限り私如きではガンプラの欲しいキットが手に入らないわけです。平日ほぼ毎日ヨドバシの模型コーナー覗いていますが。

まぁハイゴッグやドーベン・ウルフやズサ、バーザムのような非ガンダム系が瞬殺されるほどの人気というのは誠に有難い事態でもあるわけですが、当面私には意図したタイミングでゲットするのは難しそうです。

幸いにして私は恵まれた環境にあり、コロナ禍以前からアホみたいにプラモを積んでいる上にそもそもスケモ比率も高めだったり、その上山ほどいただいたキットもあるので数年どころか製作ペースを落とせば10年近く戦える布陣を整えております。まぁ溶剤や一部のサフが品薄になった時は内心焦りましたが。

当ブログとしては異常な程熾烈なガンプラ争奪戦には参加せず、手元のガンプラを作るにしても無闇に飢餓感を煽るような扇動記事に走らずに原則として普通に入手出来したものと既に積んでいるプラモを作っていくつもりです。

当ブログはプラモをつくる楽しさ、下手でも失敗でもなんとしても完成させること、或いは完成を目指すことの大切さに注力した記事を投稿し続ける事に今後もこだわりたいと思います。


パーツはびっしり詰まっていましたが、ひとつひとつは大きめに抜かれてパーツ数自体は厳選し絞り込まれている印象。この辺りは実にタミヤらしいものがります。

「実機がこういうパーツ割だから」とプラモでもそれをいちいち再現していたら途方もないパーツ数になったりしますからね。細分化したのに、その分強度や精度が落ちたり肝心の接着面はイモ付けとかになるくらいなら私はタミヤ方式を支持します。

組み易さと塗り易さを維持しつつ、ひとつのパーツにどこまでの情報を持たせられるかという思想において間違いなくタミヤとバンダイはこの分野で世界最高峰の位置に君臨しています。


とまあ偉そうに能書きを垂れましたが、カーモデルと言えば当ブログにおいて鬼門と呼んで差し支えない分野で随分長いこと作り続けているいただきものの二台目ゴルフは作業が止まったままです。


この窓枠を欠損させてしまったんですよね。。。

まるで幼少期の私の前歯のようにフロントグラス窓枠を壊してしまったのです。

ここでモデラーとして私は自信をうしなったわけですが、一旦今回のザウバーをカッコ良く完成させる事が出来れば、胸を張ってゴルフのリカバリーに取り組めるのではないかと考えているのです。


大きさ比較。
Cカーの巨大さが目を引きます。

少年期の曖昧な記憶で恐縮ですが、死人が多過ぎただか、バブル崩壊で金が尽きただかでグループCは消滅したと記憶しています。間違っていたらすみません。他のカテゴリーが滅びた原因と混同しているかも知れません。


シャシーもでかいです。


エンジンなども入っておりますが、執拗に細切れにするような事もなく組み易さと造形美の両立が図られており、1990年の時点でタミヤの合理的な設計思想が体現されている事が伺い知れます。


クリアパーツはフィッティングの確認を行うまで開封せずにしておく事で要らぬアクシデントを回避する事が出来ます。タミヤ製ですからまず問題無くフィットするかと思われます。


スリックタイヤはご真ん中にパーティングラインがありますのでしっかり処理する必要があります。位置的には消し易い筈です。


水転写デカールは信頼のCartograf製。
タイヤマークも付属する豪華な構成となっており、窓枠マスクシールも付属徹底ぶり。更にシートベルトまで付属するという誠にデラックスな内容。


そして目玉はこちらのエッチングパーツ。

ラジエーターグリル、シートベルトのバックル、ヘッドライトの反射材などなど定価で見てもお釣りが大量に返ってくる内容となっております。これを私は今日ヨドバシで2,270円(ポイント1000円分使用)で買いましたからね。とんでもない超特価と言えます。

エッチングパーツの袋の端、この写真で左側に細長い線が見えますが、これは金属線でしてアンテナはこれで再現されます。モデラー側で金属線を用意して置換する事なく何もかもがひとつのパッケージに収録されております。2021年10月2日現在ヨドバシ博多の店頭在庫は3箱ありました。今こそ買い時です。


組立説明書はモノクロ印刷ですが、非常に見易い、実にタミヤらしい素晴らしい内容でして製作前のイメトがし易いです。


最後にうっとりするようなボディラインを皆様と一緒に堪能したいと思います。


形状も素晴らしいですけれど、パネルラインが誠にイケてます。


戦闘機や自動車や戦車や船等々、スケモを作る時にパネルラインがどうなっているのか、ぼんやり眺めるだけでなく、実際に手で触り塗装したりスミ入れしたりしながら現実世界にあるメカニカルな意匠というものを自分の脳と指先に叩き込みます。


そうする事で、空想の世界のメカ、例えばガンプラやその他キャラものや自作で何か一から作ったりティテールアップする時の引き出しが増えていきます。

ガンプラが入手困難なこのご時世ですが、これを機にピリピリしたガンプラ争奪戦から距離を置いて例えばガンプラ が安定供給される日が戻るまででもタミヤの車や飛行機や戦車のプラモなどやってみるというのはいかがでしょうか。当ブログに登場するタミヤのプラモはいずれも作り易いものばかりです。

定番品はコンスタントに再生産されますし、私のような競争力皆無の人間でも心穏やかに店頭でじっくり吟味して選ぶ事が出来ます。ガンプラとはまた異なる驚異のテクノロジーがタミヤのプラモには詰まっておりますので秋の夜長に是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください