タミヤ 1/24
1989 ザウバー メルセデス C9をつくる。


光沢トップコートを吹く前にシルバリングを処理します。


どうしても濃い色のパーツに余白の大きいデカールを貼るとシルバリングが目立ちます。


かなり悲惨な状況となっており本日はこれをなんとかします。塗面とデカールの間に空気が入ってしまっているのです。


やることと言えば他の飛行機やガンプラの時同様、デザインナイフで該当箇所に切れ込みをいれて空気を外に出します。


刃を入れて箇所にマークセッターを流し込んでしっかりパーツに密着させます。


だいぶ良くなってきたんじゃないですかね。こんな要領で対処していきます。


でパーツ乾燥が終わったら埃をしっかり払い落としていよいよ光沢トップコートを吹き付けようと思います。という事で今回は以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください