今年も有難うございました。
2016年を総括してみます。

2012年の6月に始めて今年で5年目となります。
節目に相応しいので今年の大晦日はあれこれ総括してみたいと思います。本当は毎年これをやりたかったのですが五年目にしてやっと実現しました。

まず2016年の当ブログはいくつかの点で例年と異なっておりました。

●完成品を大量に作ることが出来たこと
●1/100スケールに対する苦手意識がほぼ完全に克服出来たこと
●ガンプラ以外のキットにも積極的に取り組めたこと
●エアブラシを導入したこと
などです。

石の上にも三年といった言葉がありますが、覚えの悪い私は五年目で何かが目覚めた気がします。段取りが良くなったというか。気分的に変わっただけでなく完成させた数という具体的な数字でそれは表れました。2016年の完成報告記事を如何に纏めてみました。まずは2016年完成報告ダイジェストです。

1月 4体完成
1-1.バンダイ1/72 タイ・アドバンストx1

1-2.MG ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)

1-3.HGUC REVIVE版ガンダムMk-II(エゥーゴ仕様)

1-4.HGUC REVIVE版ガンダムMk-II(ティターンズ仕様)


2月 3体完成
2-1.ファースト・オーダー ストームトルーパー(2体)

2-2.HGIBO ガンダムキマリス


3月 2体完成
3-1.HGIBO グリムゲルデ

3-2.HGUC REVIVE版キュベレイ


4月 2体完成
4-1.RE1/100 ナイチンゲール

4-2.MG サザビー Ver.Ka


5月 1体完成
5-1.RE1/100 イフリート改


6月 完成ゼロ


7月 2体完成
7-1.MG マラサイ

7-2.MGグフVer.2.0


8月 13体完成
8-1.HGUC リ・ガズィ

8-2.HGBF グフR35

8-3.HGUC REVIVE版 百式

8-4.HGUC REVIVE版 ガンダム

8-5.HGUC REVIVE版 ガンキャノン

8-6.MG ガンダムVer.3.0

8-7.ビークルモデル スター・デストロイヤー

8-8.1/35 メカトロウィーゴ「たまむし」

8-9.HGPG パンダッガイ

8-10.HGUC ガンタンク

8-11.BB戦士 ガンダム、ガンキャノン、ガンタンク

8-12.HGUC REVIVE版グフ


9月 7体完成
9-1.MG サザビー Ver.Ka

9-2.トリプル・プチッガイ(3体)

9-3.MG RX-78-2 ガンダムVer.3.0

9-4.HGAC ウイングガンダムゼロ

9-5.HGUC クロスボーンガンダムX1


10月 5体完成
10-1.HGIBO ガンダムバルバトスルプス

10-2.M.S.G パワードガーディアン&HG アデル

10-3.HGTO ザクl

10-4.MG サザビーVer.Ka


11月 5体完成
11-1.1/100 ガンダムキマリストルーパー

11-2.1/100 グレイズ地上戦仕様

11-3.HGUC ギャプラン

11-4.HGUC バイアラン・カスタム2号機

11-5.HGUC バイアラン・カスタム2号機


12月 13体完成
12-1.RE1/100 バウ

12-2.BB戦士 サザビー

12-2.HGUC アッガイ

12-3.マックスファクトリー 1/72 ヘイスティ

12-4.BB戦士 ネオジオング

12-5.HGUC パラスアテネ

12-6.HGIBO モビルレギンレイズ(2体)

12-7.HGTB ザク+ビッグガン

12-8.ハセガワ 1/20 メカトロウィーゴ「せれそん」

12-9.旧キット 1/550 エルメス

12-10.旧キット モビルフラット


ということで今年の完成品はなんと57体となります!今までの制作ペースの数倍の数です。

ちなみにザク+ビッグガン、ギガンティックアームズ+アデルはそれぞれ2体としてカウントしています。そして完成報告記事を投稿した日で区切っています。

こうして月ごとの数字を見てみると8月から怒濤の勢いで完成させていることがわかります。

実は私選挙(候補者ではありません)や政治活動を数年やっていたのですが今年の参院選で己の実力不足を直視することにしてその手の活動から足を洗った途端このハイペースです。今私がやるべきことはガンプラビルド!改めてそう思いましたね(笑)勿論ガンプラ以外のキットもバンバン完成させていきたいと思います。

ただ時間が出来たというだけでなく私なりに段取りが良くなった点がいくつかあったのかなとも思っております。

たとえば、HGUCガンダムを作る時に作った色はそのままBB戦士に使えます。赤い部分はガンキャノン、ガンタンクの赤い部分に使用すれば一度の塗装で複数体分の赤が塗装出来ます。そんな感じで「塗装のはしご」をするようになりました。今年の8月からこの手法を何度も用いました。

キットを跨いで部分的に塗装していくので一見進捗が遅れそうなものなのですが実際は大幅に工程が短縮されるので結果的には塗装工程の大幅な短縮になります。しかも塗装行為自体は何の手抜きもしないので仕上りが落ちるということも一切ありません。この手法は自分の性分にあっていて今後も磨いていきたいと思っています。


あとやはりエアブラシの導入は大きかったですね。
よく「もっと早くエアブラシを買っていれば良かった」という声をネット等で見かけますが、その言葉に噓は無いです(笑)私も全く同じ台詞が出ました。塗膜が薄くなることでエッジのシャープさが損なわれることが無くなりましたし今まで自分がやってきたどの塗装法よりも遥かに早くそして美しい仕上りを得ることが出来るようになりました。自分で作った色を吹いたりグラデーションを掛けたりが簡単に出来ます。もう絶対に手放すことが出来ない道具です。BMCタガネとこのL5のプラチナツインセット、そして後述するMB09 Mr.ブラシ面相筆 極細は私の模型制作に大革命を起こしてくれました。


エアブラシによる大きな塗装革命が私のプラモ人生にも訪れたわけですが、それと同時にクレオスの面相筆「MB09 Mr.ブラシ面相筆 極細」は小さい塗装に関する私の苦手意識を克服する大きな手助けとなってくれました。


MGが苦手だった理由のひとつに付属のパイロットフィギュアの塗装がありました。

しかしMB09を使うようになってからは臆すること無く塗装が出来るようになり今ではMG制作の大きな楽しみとなりました。


ちなみにこの面相筆はいただきものでして多くの方々の応援でこのブログが存続出来ております。この場をお借りして御礼申し上げます。


そして1/100スケールに対する苦手意識を払拭出来たもうひとつのきっかけはRE1/100ナイチンゲールだと思っております。結構な大手術をこの大型キットに対して行なったのですが思いの外良い感じに仕上がりました。お、やれば出来るじゃん的な自身が着いたと思っています。そこからはもう完全にスイッチが入ってMGサザビーVer.Kaを三体作ってみたりとMG、RE1/100合わせて計12体の1/100スケールキットを完成させることが出来ました。


あと今年はガンダムタイプのMSの魅力を再発見出来た一年でもありました。RX-78ひとつとってもMGオリジン版、MG3.02体、HGUCそしてBB戦士と5体作りました。


鉄血を始めとしたその他ガンダムタイプの楽しくバンバン作ることが出来て7体完成させましたのでガンダムタイプは合計12体完成させることが出来ました。月に一体はガンダムを作った計算になります。


今年はガンプラ以外のプラモにも積極的にチャレンジ出来ました。作業効率が上がったことでチャレンジの幅が拡がったのです。メカトロウィーゴは昨年に引き続き大活躍でした。スターウォーズもそうです。


私のプラモデル人生で初となるダグラム関連キットはマックスファクトリー社の1/72ヘイスティとなりました!


クリスマスにはこんなウィーゴも出来ました。今後もメカトロウィーゴの枠はしっかり確保していきたいと思います。


来年はスケールモデル等もやっていきたいですね。


年末には旧キットの完成報告も出来ていよいよ役者が揃ってきた感じです。


締めはまさかのモビルフラットというところも当ブログらしくて良かったと思っています(笑)

とまあ2016年は当ブログ市場例の無い完成報告ラッシュで個人的にはとても楽しめました。そもそもジオン水泳部キットのレビューをするために何となく始めたブログでしたが今ではあれもこれもと多彩な顔ぶれが揃いました。

皆様方からのご支援、ご声援に助けられ継続することが出来ました。57体も完成させたら流石に飽きるんじゃないかと思ったりしそうなもんですがまだまだ作り足りない(笑)完成させたいキットが山のようにあります。来年もフルスロットルであれもこれも手を伸ばしていきたいなと思います。ということで2016年の総括は以上となります。2017年はより一層精進に励みたいと思いますので今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。それでは皆さま良いお年を〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください